• グループウェアの用途について

    グループウェアとは、ある組織などがしの組織内で使用することを目的としたソフトウェアで、メールであったり、スケジュール管理や掲示板、電子ファイルなどを管理する文書管理の仕組みなどが揃ったソフトウェアです。
    基本的にはブラウザからアクセスし、ログインユーザとパスワードを入力して認証を行います。

    同じ組織内であれば情報を共有することができ、スケジュールの共有だけでなく、多くの文書を共有することができるのがグループウェアの特徴です。
    さらにグループウェアのメリットとして、外からもアクセスができるため、社外で活動をしている社員でもインターネットに接続できる環境があれば、メールの送受信をはじめ、スケジュールの更新ができます。

    BIGLOBEニュースの情報を要約した情報サイトです。

    必要なファイルがあれば、外部からも内部からもアップロードやダウンロードができ、非常に使い用途が広がります。

    例えば、緊急で必要なファイルが社内にあって、自身が外にいる場合であっても、内部にいる社員に依頼してアップロードしてもらうことができるため、社外にいてもそのファイルをダウンロードすることができます。



    さらに、スマートフォンにも対応しているグループウェアを利用することで、電車内など移動中でもメールの送受信やスケジュールの更新が可能になります。ほとんどリアルタイムで更新することができるので、組織内の情報をいち早く更新することも、受信することもできるので非常にメリットが大きいと言えます。