サブリースは未経験者にも優しい賃貸経営法

近年、サラリーマンなどの間でも人気の高いアパート・マンション経営ですが、他に仕事を持ちながら上手に運営していくのはなかなか大変です。

しかもまったくの未経験者であれば、どうやって入居者を集めたらいいのか、家賃の額をいくらぐらいに設定したいいのかなど、判断に迷ってしまうことがらがたくさんあります。こうしたことから、近年では経営ノウハウのない人でも手軽に賃貸経営に参入できるよう、一種のアウトソーシングサービスを手がける事業者が増えてきています。それが、サブリース会社です。サブリースは転貸制度を活用した賃貸経営の手法で、事業者がオーナーと入居者の間に入ってアパートやマンションなどの管理運営を行います。

具体的には、オーナーからいったん物件を借り受け、それを入居者に貸し出します。つまり入居者にとっての直接の契約相手は、オーナーではなくサブリース会社になります。このシステムによって、オーナーは入居者の募集や契約の締結、家賃の回収といった賃貸経営に不可欠な業務をすべて第三者に任せることができるようになります。このシステムを導入すれば、オーナーにはサブリース会社からリース料が支払われます。その額は満室時における家賃総額の8割から9割程度で、しかも空き室が発生したとしても契約の見直しを行わない限り一定です。したがってオーナーは、入居者の減少によって即座に収入が減少してしまうというリスクを回避することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *