サブリースならば様々な手間を省けます

サブリースは賃貸借契約の一種で、不動産管理会社がアパートなどの物件を一括して借り上げてくれます。

不動産管理会社は借り上げたアパートを転貸して、家賃を集めオーナーに支払うことになります。賃貸物件を運営していると悪質な入居者が入る可能性があり、クレームなどにも対応しなければなりません。また賃料が不払いの場合には督促を行うなど、様々な管理業務を行う必要があります。サブリース契約を締結すれば、これらの煩雑な管理業務を全てプロの不動産管理会社に任せることができます。建物のオーナーは直接的に賃貸物件の運営に関わる必要がないため、知識や経験がなくても問題はありません。賃貸物件が遠方にあり自分で管理することが難しい場合も、経験豊富な不動産管理会社に任せれば安心です。

サブリース契約では不動産管理会社からオーナーに対して一定の賃料が支払われることになっており、家賃保証や空室保証などとも呼ばれます。一種の転貸契約なので、各戸から受け取る賃料総額とオーナーに支払う額の差額が不動産管理会社の利益となります。不動産管理会社がオーナーに支払う額は一定で、各戸から受け取る賃料は空室の状況によって変動します。満室の場合は不動産管理会社にも利益が発生しますが、空室が多くなるとオーナーに支払う額の方が多くなります。サブリース契約では状況によって家賃の減額を請求される可能性が存在します。集客力があり入居者をスムーズに集めることができる不動産管理会社を選べば安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *