家賃収入を保証してくれるサブリース

アパートやマンションなどの賃貸経営における最大の不安要因と言えば、家賃収入が安定的に得られるかどうかということです。

入居者が集まらず稼働状況が悪ければ当然ながら収入は入ってきませんし、入居したとしても滞納のリスクがあります。こうしたことから、近年では家賃保証サービスを利用するオーナーが増えてきています。家賃保証サービスには、大きく分けて支払保証とサブリースの2種類があります。このうち支払保証は、入居者が家賃を滞納した場合に事業者が代理弁済を行うというものです。一方、サブリースは、実際の稼働状況に関係なく家賃の一定額または一定割合を保証するというものです。

サブリースは借り上げと転貸を組み合わせた賃貸住宅の経営手法で、事業者がオーナーから物件を借り受け、それを入居者に貸し出すことで収益を上げます。事業者はオーナーにリース料を支払う一方、入居者から家賃を徴収します。家賃収入をきちんと得られるかどうか、つまり入居者を確保し、毎月きちんと家賃を回収できるかどうかは事業者の責任となり、オーナーは募集活動や入居審査などを自ら行わなくても良いようになります。

さらに、この方式を採用すると、日常的な建物の管理や、退去時における原状回復工事の手配なども、事業者に一任することができるようになります。つまりオーナーにとっては、サブリースを利用することで家賃保証と管理代行という2つのサービスを同時に受けることができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *