サブリースで管理業務を任せるならば

サブリース契約を締結すれば不動産管理会社が一括して物件を借り上げ、転借人を探してくれます。

家賃の収集やクレーム対応など全ての管理業務をプロの不動産管理会社に任せることができます。オーナーはほとんど物件の運営に関与する必要がないため、知識や経験がなくても問題がありません。サブリース契約によって物件の運営を任せるのであれば、信頼できる不動産管理会社を選ぶだけでなくデメリットについても十分理解しておくことが大切です。物件の運営を不動産管理会社に任せれば、オーナーはほぼ何もしなくても安定した家賃収入を得ることができます。しかしサブリースは普通借家契約によって行われるため、借主である不動産管理会社の権利が強く保護されています。

一般的にサブリース契約は家賃保証や空室保障と呼ばれますが、不動産管理会社には借地借家法上の賃料減額請求権があります。普通借家契約では借主に不利となる規定が無効とされるため、賃料減額請求権を否定することはできません。市場の状況が変化すれば、賃料減額請求を受ける可能性があることを理解した上で契約を締結するようにしましょう。サブリースでは状況の変化によって賃料が下がる可能性があるので、空室対策について一緒に考えてくれる不動産管理会社を選ぶことが大切です。もし不動産管理会社が賃料減額を請求してきたら、すぐに応じるのではなく空室対策を考える必要があります。こちらから入居条件の緩和やリフォームなどの提案をして、一緒に解決策を探るとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *