サブリースの仕組みと特徴について

サブリースは賃貸借契約の一種で日本ではバブル時代に流行しましたが、バブルの崩壊後はハウスメーカーに対するオーナーからの訴訟が相次ぎ話題となりました。

最高裁判所の判断は単純明快で、サブリースは賃貸借契約であり管理会社とオーナーは借主と貸主の関係にあります。実際にサブリース契約を締結する際には賃貸借契約書が交付されており、特殊な形態の契約というわけではありません。法律上は共同でアパート経営を行う対等のパートナーではなく、借主と貸主の関係とされます。バブル崩壊後には、不動産管理会社からオーナーに対して賃料の値下げを求める訴訟が相次いで起こりました。裁判所は不動産管理会社の要求を認めたため、管理会社からの賃料値下げ交渉が可能となります。近年行われている訴訟の多くは、バブル崩壊後とは反対にオーナーから管理会社に対して起こされたものです。

管理会社からの賃料値下げ要求に納得できないというのが主な理由ですが、賃貸借契約の借主は事情が変われば減額を要求することができます。賃料が周辺の相場と比較して高い場合に、借主が貸主に対して賃料減額を請求するのは当然のことです。サブリースでは一定の家賃収入が保証されていますが、市場の状況が変化すれば収入が減ることもあります。プロの不動産管理会社と契約すれば、煩雑な作業を任せて効率的にアパートの運営ができます。しかし賃貸借契約なので、市場の変化によって家賃収入が減る可能性あることを理解した上で契約する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *