サブリースを利用すればノウハウなしで賃貸経営が可能

近年、安定度の高い投資の一手法として人気が高まっているのが、アパート経営です。

特にサラリーマンの間では、いわゆる副業禁止のルールに抵触することなく給与以外にも収入を得られるとして、新たに経営を始める人が増加する傾向にあります。ただ、別に仕事を持ちながらアパートを経営するとなると、自ら管理運営を手がけるのはなかなか大変です。経営に関するノウハウがなければなおさらです。そのため、兼業オーナーの多くは、自らが直接タッチしなくてもアパート経営を続けることのできるサービスを利用するのが一般的です。そのサービスのことを、サブリースといいます。サブリースはいわゆる「転貸」のことで、専門の事業者がオーナーから不動産を借り上げ、それを自らの経営方針に従って運用します。

アパートであれば当然、それを賃貸住宅として活用することになります。そしてオーナーに対しては、借り上げ契約に基づいたリース料を支払います。つまりサブリースは、物件の所有と経営が分離した事業方式だということになります。このシステムを利用すれば、オーナーは月々リース料を受け取るだけで、管理運営には携わらないことになります。入居者の募集や入居審査、契約の締結といった手続きはすべて事業者が行ううえ、家賃の改修や建物の清掃などといった日常業務も事業者に一任されます。経営のイニシアチブをエキスパートにすべて任せることで、物件オーナーは事務的な負担を負うことなくアパート経営ができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *