マンションを貸すときの不動産屋の立場

マンションを貸すときには不動産屋に協力してもらうことは必要なことの一つだと言えるでしょう。

協力なしでは入居者を見つけるのは難しいですし、契約などについてもサポートは必要な人が多いはずです。不動産屋は何をしてくれるのかを把握しておくことは必要です。一般的に不動産屋と契約を結べば、まず仲介を行ってくれます。つまり入居者の募集です。部屋探しをしている人に対して物件を紹介してくれます。入居者が決まれば、賃貸借契約を結ぶことが必要ですが、このサポートも行ってくれます。そして、入居してからは家賃の請求やマンションの環里などを行ってくれます。

ですから、仲介会社として機能するとともに、管理会社としても機能します。仲介を行ってくれた時には仲介手数料を支払わなければなりません。仲介手数料は家賃の1ヶ月分が上限ですから、たいていは家賃の1ヶ月分を支払うことになります。管理については家賃に対して何%というように取り決めることが多いです。

その料金については契約によって異なります。例えば、マンションの家賃の請求だけを任せるのなら、安い手数料で済みます。しかし、クレーム対応や滞納保証などのサービスを利用しようと思えば、少し高い料金を支払わなければなりません。マンションを不動産屋にそのまま貸すということもできます。不動産屋が入居者を募集して転貸し、不動産屋から賃料を受け取ることができます。空室が発生していてもしていなくても賃料を得られるというメリットがありますが、手数料は高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *