マンションの家賃相場のサイクル

マンションで賃貸経営をしようと思った時には賃料をうまく設定しておくことは必要ですが、そのためにはサイクルを把握しておくべきでしょう。

家賃相場にはサイクルがあって、いつでも同じというわけではないのです。家賃相場は、相場というだけあって、需要と供給とによって変動します。年間のサイクルには需要面が影響していると考えられます。日本では4月から新しい生活を始める人が多いです。入社したり、あるいは進学したりすることによって、新たな場所で生活を仕様と考える人は多くいると言ってよいでしょう。

そのために、4月に向けてマンションを探し始める人は多くいます。1月から3月の間は需要が高くなってきますから、この時には賃料を少し高めにしても入居者が見つかる可能性が高いと言えるでしょう。その後は相場は下落していって、夏頃が最も需要が減少します。夏になると入居したいという人はあまりいませんから、この時に空室であれば、賃料を少し下げて入居率を上げることも考えていったほうが良いです。

ただ、これは一般的な傾向ですから地域によって異なります。マンションで賃貸経営をしようと思っているのであれば、その地域の大体のサイクルを見ておくのは良い方法だと考えられます。インターネットを活用すれば大体の相場を簡単に知ることができますし、不動産会社からアドバイスをもらうこともできるでしょうから、このようなサイクルも考えた上で賃料を決定しましょう。
賃貸管理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *