Skip to content

ニキビを作らないための洗顔方法

ニキビを治すためには、生活習慣を見直すことが一番だと言われています。

まずは自分のニキビがどのようなことが原因でできてしまったのかを知る必要があります。原因として多いのが、洗顔方法の間違いです。誤った顔の洗い方をしていると、清潔になるはずが、逆に肌環境が悪化してしまう恐れもあるのです。洗顔料よりも、重要なのは洗い方です。

しっかりと泡を立てて、その泡で顔を包み込むようにして洗わなければいけません。洗顔にとって大切なのは、泡をきちんと作ることなのです。手だけではなかなか泡立たない場合もあるので、泡立て用のネットを使うといいでしょう。

しっかりと泡立てた洗顔料を顔に満遍なくつけ、優しくマッサージするように洗います。このとき、絶対にゴシゴシしないよう注意します。強く擦ってしまうと肌が傷つき、ニキビが炎症を起こして悪化してしまう可能性もあるので、力は入れないことが重要です。そして洗い流すときにも注意が必要なことがあります。

生え際や顔の両サイドなど、洗いにくい場所に泡が残らないよう、しっかりとすすがなければなりません。洗い残しがあるとニキビになってしまいます。洗顔が終わったら、最後はスキンケアです。

化粧水をたっぷりつけて、乾燥しないようにします。乾燥はニキビの元になるので、化粧水だけでは足りない場合、乳液などもつけて入念に対策を施しましょう。これを毎日続けることで肌質が改善し、すべすべの肌を手に入れることができるはずです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *