Skip to content

規則正しい生活の習慣はニキビ予防ステップの第一歩

アルコールが大好きで、つい飲みすぎてしまうという人もいます。

そんなお酒好きで、ニキビができやすいのは、アルコールに原因があるかもしれません。過剰なアルコール摂取は、まず肝臓機能を定価させてしまいます。体の毒素を分解して切れる機能が弱くなれば、肌に影響を与える毒素もそのままになるため、ニキビにもつながりやすくなります。

お酒が大好きな人は、アルコール摂取は控えめにすることです。甘いお酒から辛い味わいもありますが、アルコール飲料は意外とたくさんの糖分を含んでいます。過剰な糖分は、ニキビの原因にもなりやすいです。適量を嗜むのであれば良いものの、過剰にお酒を飲んでしまうと、肌にも現れやすくなります。

アルコール好きは、ついたくさん飲んでしまいがちですが、肌や健康を考えたら、適量でセーブしておきましょう。お酒が進んで、油ものの料理をたくさん食べてしまうと、今度は皮脂が過剰分泌することにもなります。

お酒のおつまみに、油っぽい料理は付きものではありますが、おつまみ選びにも気をつけてみましょう。アルコールの過剰摂取は、体内のビタミンB郡を通常より多く消費してしまいます。肌の代謝のためにも必要な栄養素ですから、不足すれば肌あれの原因にもなってきます。

飲みすぎは控えながら、ビタミンB郡の栄養素を含む食材を使用した、おつまみなどを食べてみるのもいいでしょう。納豆やアボガド、たまごやバターなどを使ったメニューを、取り入れてみるとよいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *