Skip to content

大阪でも人気の医療レーザー脱毛に副作用はあるのか

大阪でも医療レーザー脱毛は大人気で、美容外科や美容皮膚科に定期的に通っているOLさんや主婦さんも珍しくありません。

やはり都会なので綺麗な方が多く、美容意識が高いのでしょう。お友達や会社の同僚など身近な人の中にも病院での脱毛を受けている人が1人はいるのではないでしょう。

今や身近な存在になった医療レーザー脱毛です。大阪の梅田や心斎橋にも様々なクリニックがありますね。

医療脱毛は、強いショットで毛根を破壊するので効果が高いのがポイントですが、どんな副作用があるのでしょうか。

レーザーの副作用は、施術直後に起こりやすいものです。

レーザーはメラニン色素に反応する仕組みがあるのですが、メラニン色素は毛だけでなく皮膚にも存在します。

なので、医療レーザー脱毛の施術で、多少なりとも肌はダメージを受けてしまうのです。

施術直後に肌が赤くなったりヒリヒリする「炎症性浮腫」、毛穴に雑菌が侵入してニキビのように膨らむ「毛嚢炎」が代表的な副作用です。

こういった肌トラブルはたいてい2、3日で治まるものです。

大阪の医療レーザー脱毛クリニックでは、施術前と後に医師が必ず肌の状態をチェックしてくれますので、トラブルになりそうな場合は軟膏や内服薬などを処方してくれます。

もし肌が弱い、敏感肌だという人の場合、皮膚科を専門とする先生がいる大阪の医院で医療レーザー脱毛を受けると、万が一肌にトラブルが起きても即行で対処してもらえお薬を貰えるので安心です。

ただ皮膚が赤くなっているだけか軽い火傷なのかも、臨床経験が豊富な医師が診れば一発です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *